ムクゲをひと枝下さい!そして白い百日紅

公開日: : 最終更新日:2016/07/22 生活, 趣味

ムクゲをひと枝

 近所に空き家がある。窓ガラスは割れて家の前は雑草がひざ丈ぐらいまで伸びている。けれども、しっかりした家の作りなのか、そんなに朽ちた感はない。屋根瓦もきれいで一枚も剥がれていない。草を刈って窓を取り換えたらすぐ住めそうな家だ。中はうかがう由もないが。 10年ぐらい前までおばあさんが一人で暮らしていた。確か娘さんもいらっしゃったはずだけど。どこかに嫁いでいったのかな。見たことはない。

 持ち主不在の家には四季折々にきれいな花を咲かせる庭がある。藤、椿、レンギョウ、ツツジなど。紫陽花が終わって今の時期はノウゼンカズラ、ムクゲ、ピンクのツルバラがブロック塀越しに見える。その家の前を通るたびに、もったいないな、うらやましいな、一輪欲しいな、と思う。






スポンサーリンク





 とうとうその時がやってきました!ブロック塀を越えて道路の方へザワザワ伸びて桃色の花をつけたムクゲ。どうしても欲しくなったのです。人は住んでいないし、道路にはみ出してきている花だし、一枝いただいても罪にならないよね、と心に言い聞かせながら20cmぐらい枝を折って持ってきてしまいました。つまり花泥棒です!これは犯罪でしょうか?法律に詳しい方教えてください。

 家へ帰って早速葉っぱを整理して、挿し木にしました。そうなんです!花を飾るためじゃなく我が家に植えるためにいただいた(?)のです。どうか根付きますように!花が咲きますように!


白い百日紅と花・はな・ハナ

DSCN0808我が家の百日紅見えにくいですが、まだまだ花が咲いています

 我が家ではひと月ほど前から百日紅(サルスベリ)が咲き続けています。百日紅いとはよく言ったものです。残念ながら、うちの百日紅は白い花が咲いています。それでも漢字では百日紅?

 朝顔や、とんぼとりの句で有名な加賀千代女(かがのちよじょ)の百日紅の句を見つけました。

「散れば咲き 散れば咲きして 百日紅」

白い花びらが日々散っていきます。それでもまだまだ白い花が咲き続けます。

朝顔、隙間から見えるネギ

DSCN0810
グラジオラス・マツバギク

DSCN0813
放置してたら広がり続けるヤマアジサイ

DSCN0812
お・ま・け

DSCN0815
食べごろ!

Sponsored Link

関連記事

メリクリ・タキクリ!

メリークリスマス! と言ってもアラカン夫婦だけの我が家は、クリスマス、あまり関係ないのね。

記事を読む

お茶のお稽古はヤフオク着物で!今日は炭点前

 今日のお稽古  お茶のお稽古日でした。苦手な炭点前。火箸が上手に持てないのです。  火箸で炭を

記事を読む

大寄せのお茶会

まだまだきれいなカサブランカ。花器を変えました。カサブランカには白い花器が似合う⁉

記事を読む

大蛇の夢 今日の着物 今日の雪

初雪です。[/caption]  大蛇の夢を見た。直径10cm以上もあるぐらいの蛇が柱に巻き付い

記事を読む

no image

五月晴れって?

良い天気だった!家事もはかどった。 お宮参りの時に着た着物もやっと片付けた。長襦袢は半襟を付けたま

記事を読む

関節痛

整形外科に行く。 骨密度が低いと言われ1年、薬を飲み続けている。 先月の検査結果をいただ

記事を読む

no image

今更お正月!

玄関だけでも正月らしく お隣はキティちゃんの正月版[/caption]

記事を読む

no image

ゴールデンウイークのお茶会

 いつのまにかゴールデンウイーク!無職の私は何の実感もない。渋滞も出国ラッシュも無関係。  休みな

記事を読む

足るを知る

今日のお軸の文字「知足」。 足るを知る-分をわきまえよ、という意味ですね。 私は若干背伸

記事を読む

招かれざる客、我が家の場合

招かれざる客  黒人男性と白人女性の結婚をめぐる家族の葛藤を描いた「招かれざる客」。他人事と理解し

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link
毎日イチゴ

 夫の育てた苺、毎日飽きるくらいに食べている。  6ヵ月の孫も、

Happy birthday to me

今日は私の誕生日。この歳では(ずいぶん前からだが)誰もお祝いしてくれる

チーズケーキはスタバ!

420円、安いんだか高いんだか・・・。 久々のスタバ!チーズケー

初釜・今年もよろしく!

令和2年が明けました。 もうすぐ2月だけど。 初釜が終わっ

年末にご用心!

令和元年がもうすぐ終わりますよ。 今年は(も?)とくに心煩わしい

→もっと見る

PAGE TOP ↑